キャリア情報 岩瀬真里インタビュー

岩瀬 真里

INTERVIEW

株式会社プレート デジタルマーケティング事業 SEOコンサルタント 岩瀬 真里

自社の利益よりお客様の利益。転職のきっかけはお客様の要望に応えられないもどかしさ

専門学校を卒業後教員になりたいと思い、大学に再入学しました。教員を目指して勉強していたんですが、自分が目指していた理想像みたいなものが実際に触れてみると思っていたものとはかけ離れていて、当時は将来に迷っていましたね。いざ進路選択を迫られたときに、教員になるにしても最初の数年は会社に勤めて勉強しようと思いました。

そこで前職の不動産システムを販売しているベンチャー企業に営業職として入社しました。入社を決めた理由は「この会社で働きたい」って直感的に思ったこと。今考えるとすごくブランディングがうまくて人を惹きつける魅力のある会社でした。

転職理由は、ざっくりいうと会社と自分の営業方針の違い。前職では、とにかく自社を大きくすることが1番大事だったんですよね。あくまで自社サービスの営業だったので、お客様に信頼して相談していただいても応えられないことが多くて。私的には市場にどうやってバリューを発揮するか、サービスを提供するかを考えていくようなコンサルティングをしていきたいなと思っていたので、方向性が違うなと感じました。それがデジタルマーケテイングに興味をもったきっかけであり、転職を決意した理由です。自社の成長よりも顧客満足度を重視している会社を探していました。

やりたかった仕事がかなえられると感じ、PLATEへの入社を決意

PLATEの第一印象はオフィスがきれいで、ここはブラックじゃないなって思いました。社員の机が整頓されていたりホコリがなかったり、業務に余裕がある感じがして意外と大事なポイントなんですよね。あとは社長と川島さんのやりとりが好印象で、社長を恐れている感じもなく、風通しのいい環境なんだろうなと感じました。

入社しようと思った理由は、完全に私がやりたいことがマッチしていたからです。社長の「お客様の課題解決のために何が最善なのか、それを第一に考える」いう考え方に惹かれました。そういった価値観や営業のやり方がピッタリあったというのが入社の決め手ですね。

実際に入社して、本当にやりたかったことができています。前職では会社のために契約はとったけど本当はお客様のためになってないんじゃないか、後ろめたい気持ちになることもあって。今はお客様のことを第一に考えるのでそういうストレスが全くないです。

はじめに感じた風通しの良さもギャップはなかったです。何かあったら社長に相談できることはPLATEの良さだなと思います。他にも、技術力を持っている方が多いことがPLATEの強みだと思います。本当に好きで極めたいって人が多い。相談すると、圧倒されるくらいの熱量で教えていただけます。

お客様のお客様まで考えろ。マーケティングの面白さと難しさ

現在の業務は新規顧客獲得と既存顧客対応。新規顧客に関してはお問い合わせがあった企業にアポイントをとってヒアリングしに行ったあと、提案をします。既存顧客に関してはお客さんの月次のレポートの作成、その要因の分析、必要に応じて追加提案したりですかね。

業務においてまず大変だったことはお客様に対する提案の仕方がガラッと変わったこと。前は自社のサービスを目の前のお客様にどう価値を感じてもらうかにつとめる営業スタイルでした。今はお客様の実際の課題を根本的に探すところから始まります。お客様も気づいてない課題が結構あることが多くて、そこに気づいてもらうことが大事なんですよね。少し気を抜くと「よっしゃ、契約とれそう」みたいな考えになってしまうのですが、それはPLATEの方向性とは違うんです。

その切り替えをするために意識していることはお客様のお客様を考えること。社長にも何度も言われています。私たちの仕事はお客様の売り上げを伸ばすことですが、そのためにはお客様のお客様に満足いただくことが必須です。どういう考え方をしているのか、どういう心理に基づいてどういう行動をしているのか。まさにマーケティングそのものですよね

膨大なインプットを活かして自分独自の提案ができるようになりたい

マーケティングに関してはほとんど知識がなかったので、試行錯誤しながら勉強しています。まずは用語が分からなすぎて会話すらできなかったので、それを覚えるところから始まりました。あとは広告やSNSなど身近なものから勉強しています。本で学んで実経験で考える。徐々に色々なことがリンクしてくるので面白いです。勉強の仕方としては、本ばっかりだとイヤになっちゃうので、飽きないように週1でセミナーに参加するようにしています。

やっぱりいい提案をするには膨大なインプットが必要、これに尽きます。「記事を書いてください」という簡単な問い合わせだったとしても、実際に訪問してヒアリングしていくと、集客だけではなく、売り上げをどう伸ばしていくか、どういう経営計画を立てていくのか、そういったところまで入り込んでいく必要があるんです。でも、それはこちら側が本当に色々な角度から質問していかないと出てこない課題なんです。お客様の要望に応える前に、どうしてその要望なのか、それをかなえたら課題は本当に解決するのか、そこまで掘り下げる力が必要。そのための質問や視点を得るために、経験はもちろん様々な事例のインプットが大事。成功事例って意外と他業種で活用できることもあるんです。その業界のことだけ考えていたら絶対出てこない提案があったりとか。どこの業界にも特化していないPLATEだからこその強みは絶対あると思います。

PLATEで営業のトップ、コンサルタントとしてプロになります

入社して2ヶ月弱経ちますが、本当に転職してよかったなと思います。学ぶことはたくさんあって大変ですし、難しいことは多いですがやりたかった仕事に全力で取り組めてサポートをしてくれる先輩方もたくさんいる。会社に貢献できるように頑張っていきたいです。

そして将来はプロのマーケターになりたいと思っています。会社の売り上げのために何をすべきかを考え、経営戦略まで関われるような。フリーランスとしての道もあるとは思うんですが会社の方がいろいろな知識を持っている人と協力しながら仕事ができるのでそっちのほうが私には向いていると思います。

そのためにまずPLATEで営業のトップを任せてもらえるような存在になりたいですね。マネジメントにも興味がないわけではないんですけど、まずはコンサルタントとしてプロになる、そこに尽力します!

PROFILE

岩瀬 真里

 2019年9月入社。
 大学を卒業後、株式会社いえらぶGROUPへ入社。営業として不動産システムの販売を担当。
 3年半の営業経験をもとに現在はPLATEでコンサルタントとしてお客様の課題解決につとめている。

  • PLOFILE
  • 山田 大地北海道出身、東京大学数理学部卒。大学院在学中の2014年11月にPLATEにプログラマーアルバイトとして入社、2015年4月にPLATE新卒1期生となる。 入社当時から『プログラマーの何でも屋』になるという目標のもと、多言語を学習。 現在はRuby on Railsにてクライアントのホームページの運用を担当。