キャリア情報 金原 秀明インタビュー

金原 秀明
INTERVIEW
やりがいと共に自分の成長を感じられる場所
INTERVIEW
やりがいと共に自分の成長を感じられる場所

株式会社プレート システムインテグレーション事業 金原 秀明

プログラマーへの興味を仕事へ

入社前は、高校受験でお世話になった講師の方に誘われ、塾講師をしていました。 塾講師の方のほとんどは教育学部で将来の夢を明確に持っていました。
そのときに自分も将来につながる仕事がしたいと思うようになり、幼いころから興味のあったプログラミングが思いつきました。幼い頃は「できたらかっこいいな」程度にしか思っていなかったのですが、高校生辺りから漠然と情報系の分野に興味を持ち始め、最終的には大学での授業がきっかけで、深く学んでみたいと思うようになりました。

開発を終えた時の達成感

プログラミングをやり始めたといえるのは大学生になってからですね。コードを書いている時は、数時間バグに悩まされハマってしまうこともありますが、開発を終えた時の達成感は何事にも代え難いものがあると思います。
プログラムは良くも悪くも書いた通りに動くので、そういった運要素のない、正直なところも自分に合っています。
仕事をしている中で、改めて自分の知識の乏しさを日々実感しています。現在の目標はlaravelの習得や、インフラ周り、セキュリティ関連の知識を深めることです。関連する参考書を読破してみたいです。
また経験が乏しく開発力に欠けるので、オープンソースで公開されているソースコードでも眺めて今後の参考にしたいですね。

未来を見据えた働き方

開発経験を学びたい一心で、当初はインターンや勉強会、企業説明会に参加したものの、自分がいかに未熟かを痛切に感じました。そこからは実際のエンジニア職を探しました。
そんな時に、開発経験がなくても良く、学生の授業時間を考慮してくれるプレートを見つけた時は、救世主のような存在でした。
あとは他愛もない理由ですが、ここのホームページが気に入ったからです(笑)。デザインもさることながら、社内の楽しそうな雰囲気も伝わってきて、応募せずにはいられませんでした。
もともと情報系がメインの学科ではなく、Web系の言語の開発経験もゼロに等しかったのでかなり不安でしたが、いつでも周りの方に質問ができる環境で、とても助かっています。いつも感謝しています。

河田 邦昭 入社してすぐに実際の企業の案件の一部分を担当させてもらえることになり、いきなり本場のコードが降ってきました。当初は恥ずかしいことに、何もできずコードを見続けていましたね(笑)。
それでも実践的なソースコードを眺めることはいい勉強になりました。開発の一区切りがついた際には、やりがいと共に自分の成長を、僅かながら感じることができました。
プレートでは、授業や書籍では学べない実践的な知識、スキルが身につきます。まさに、働きながら勉強できる環境です。プレートで働く人は皆とてもいい人です!

金原 秀明
 
PROFILE
金原 秀明

埼玉県出身、早稲田大学理工学部在学中。2015年9月にPLATEに未経験ながらエンジニアとしてアルバイトで入社。システムの勉強と仕事を両立しながらプログラマーとして日々邁進している、主にサーバーサイドでの開発を担当。 プライベートでは最近ボルタリングを始めるなど、スポーツ好き。
  • PLOFILE
  • 金原 秀明埼玉県出身、早稲田大学理工学部在学中。2015年9月にPLATEに未経験ながらエンジニアとしてアルバイトで入社。システムの勉強と仕事を両立しながらプログラマーとして日々邁進している、主にサーバーサイドでの開発を担当。 プライベートでは最近ボルタリングを始めるなど、スポーツ好き。