社内で問題が発生した時は

    社内で問題が発生した時は

    どんな優良と言われる企業でも、外から見てたら非常に仲良さそうな企業でも、はたまた企業ではない学校や幼稚園、

    政党やサークル、スポーツチーム、もしくは家庭でも、人間が2人以上存在する組織、集団、チームでは必ず何かの問題、

    課題、トラブルは発生します。

     

    その原因の大多数は、上司、部下の関係、同僚の関係、クライアント-外注先、夫婦、監督と選手の関係など、

    なんらかしらの人間関係の中で、期待と現実の差があることから問題が発生していると思われます。

     

     

    問題が起こったことは問題ではありません。しかし、本当の問題は問題が起こった際に発生します。

     

     

    ここで2つの「問題が起こった際の問題」を提議します。

     

     

    問題①:そもそも問題が起こっていると思っていない。

     

    これは、2つに分かれます。

     

    1つめは、経験が不足しているだけで、問題を問題と認識できなかったということがあるかと思います。

    この場合、経験すれば学習するので、今後問題は発生しなくなるという方向に向かうかと思います。

     

    2つめは、問題が起こっても問題だと思っていないことにより、問題を発生し続ける人がいます。

    問題であることを一方は問題ではないと捉え、一方は大問題と捉えた場合、その理由を擦り合わせることが重要です。

    しかし、大抵の場合この議論を突き詰めていけば、お互いの常識が違うということに行き着くのが見えているので、

    そのような常識が違う人とわざわざ一緒に仕事をする必要はありません。時間の無駄なので、できる限り避けましょう。

     

     

    問題②:全て問題を発生させた人の責任にする。

     

    期待者側の過剰な期待と、被期待者の能力不足であることがまずは原因であるということに目がいくと思います。

    特に、能力不足で詰められるということは世間一般的に良くあることだろうと思います。

    しかし、この能力不足だとして、その人に何故できない、何故理解できないと言ったところで無駄です。何も解決はしません。

    無理なことは無理です。人間すぐには成長しません。

     

    ですので、ここで大事なことは「その問題が起きないような仕組みを考える」ということです。

    被期待者に対して改善の要求を出し続けて、改善したとしても人が変われば同じ問題が起きます。

    そうならないように、その種類の問題が起きないような「問題が起きないような仕組みがないこと」を注目し、

    その仕組みを一緒に作ることで、次の問題が起きないということになります。

     

    もちろん問題は様々な問題の種類があるので一つの仕組みを作れば終わりかというとそうでもありません。

    その都度、仕組みはできていくものです。複数の仕組みができた後は、その複数の仕組みを運用するのが大変なので、

    時々仕組みと仕組みを融合させていきましょう。

     

    もちろん逆に仕組みがないことが問題であるということだけに議論の焦点を当て、責任逃れをする人もたくさんいますが、

    それはそれで逃げていることは周りの人間はすぐに察知するため、すぐに信用は無くなるでしょう。

    自然と人は離れていくのも時間の問題かと思います。

     

     

    問題は必ず起こります。

     

    その際は、「人の成長50%:仕組みの構築50%」を対策と考え、人間関係と業務を改善していきましょう。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    ニュース一覧へ戻る