何かの問題を解決するためには

    何かの問題を解決するためには

    仕事でも、プライベートでも生きていたら様々な問題にぶつかる事が多いですね。

     

    ただ、今振り返れば、ほとんどの問題が解決されてきて、今を過ごしていると思います。

    なんとか解決したのか、自然消滅したのか。

     

    ただ、解決に至るには以下のパターンしかありません。

     

    「現状把握」 → 「課題発見」 → 「課題解決」

     

    もしその課題が解決していない、できないのだとすると上記の3つの要素のどこかで詰まっていることになります。

     

    それをパターン化すると、以下に当てはまるのではないかと思います。

     

     

    ①「現状把握」「現状捉え間違い」「課題設定ミス」「課題解決せず」

     

    ②「現状把握」「課題発見」「実行せず」「課題解決せず」

     

    ③「現状把握せず」「課題発見できず」「課題解決せず」

     

    ④「現状把握」「課題発見できず」「課題解決せず」

     

     

     

    なんとなくですが、上記の中でも多いパターンとしては、

    「現状の捉え間違い」か「そもそも現状把握せず」かと思っております。

     

    課題が見えれば、人は課題を解決したいので実行に移るとは思うのですが、

    「現状」をしっかりと分析、調査して理解するか、しっかりと五感を働かせて感じるかして、

    現状把握を正確に行うことが全ての始まりかと思います。

     

    妄想ではなく、思い込みではなく、自分は正しいではなく、正確に事実を理解する力、

    なに力というのでしょうか、教育カリキュラムがあれば、どなたか教えてくださいませ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    ニュース一覧へ戻る