五ノ精神

    五ノ精神

    ミッション、ビジョン、バリュー、クレドなど組織を運営する上で大切な要素がたくさんあります。

     

    PLATEでもそれぞれを制定し、その理想郷に向かって進んでいくところではありますが、

    会社という場所、時間というのは仕事をする場所の他に、

    人間形成、人間教育機関であるという側面が半分ぐらいはあるのではと思います。

     

    そのため、仕事を通じて人生を豊かにしてもらいたいという視点から、

    そもそもの精神論として「五丿精神」というのを定めました。

     

     

    <自主自律>

    他者に縛られるのではなく、自分自身で自分を律し、

    自分で考え、自分で工夫し行動する人間にならなければいけない。

    自律した者同士が始めて共生が可能となる。仕事を通じて自律を学ぶ。

    人生は仕事だけではない。

    自分一人でも生きていける強い人間となり弱きを助けよ。

     

    <高志>

    社会における自分の存在価値を自分で再認識せよ。

    自分は人生を通じて何を残そうとしているのか、何をしにこの世に生を与ったのか、自らの使命を突き止め、次の世代のために志を高く持ち、

    次の時代を作りなさい。全ての人には天賦の才能が宿る。自分を信じなさい。

     

    <克己>

    最大の敵は己の弱さ。自らの弱い負の感情が生まれた瞬間には、

    自分でそれをしっかりと感じ、その感情との関係性を築かなければ、

    感情に支配された人間となる。

    自らの使命を刮目し、使命の視点から己に克ち続けなければいけない。

     

    <相互扶助>

    社会は一人では成立しない。自ら率先して他に利を与えよ。

    今の時代を作ってくれた全ての先祖に感謝し、

    次の時代を創ろうとしている全ての現在の人に感謝し、

    これから生まれてくる人のために、

    他者と共存共生することの価値を捉えなさい。

     

    <自省>

    全ての事象は原因と結果。その原因は全て己の言動、考え方にある。

    原因を常に己に置く勇気と強さが、人を幸せにする。

    毎日、反省と改善と挑戦の日々。

    そして新しい自分との出会いが人を大人にしていく。

     

     

     

     

     

     

    私自身も様々な人に勉強を日々させて頂き、人生を謳歌させて頂いております。

    自分自身が社会の役の立てるよう、日々邁進して参ります。

     

     

     

     

     

     


    ニュース一覧へ戻る