AMBITIONS

加速する志

2020年9月8日

会社に依存せず自分の意思で将来の選択を。Webマーケターが目指すキャリアとは

株式会社TAUPE 市川 航地

ープロフィール

市川 航地 -kouji ichikawa-
株式会社TAUPE Webマーケター。
2020年8月入社。
大学卒業後、人材業界の大手企業に法人営業として入社。
クライアントの採用支援で各KPIの数字分析・改善に面白さを感じ、Webマーケに興味を持つ。
Web広告代理店に転職し、様々な広告手法のスキルを身につける。
現在はPLATEから通販事業を扱う株式会社TAUPEに出向し、自社広告の運用・代理店との折衝、公式LPの改善等を担当している。

ー数字の改善がお客様の笑顔に繋がる。KPI分析の面白さ

大学を卒業後、大手人材会社に入社して法人営業を担当しました。
媒体営業として、新規の求人掲載を獲得したり、契約後の採用支援が主な業務になります。

その中で特に面白かったのが、採用支援の部分ですね。採用支援では、求人広告の管理画面を見て、求人のPV数や応募率といったKPIを改善するための施策を提案していきます。自分の提案した施策で実際にPV数や応募数が増えて良い採用に繋がり、お客様の笑顔に繋がるというところにやりがいを感じました。

逆に営業の部分に関しては、競合と差がつけづらい業界ということもあり、人情営業のような側面が強く、自分のスキルアップに繋がるのかという疑問もありました。また、会社のマネジメント方針が体育会系というところも自分に合っていないと感じ、転職を考えるようになりました。

採用支援でKPIの数字を改善することにやりがいを感じていたので、CVRやCPAといったKPIの改善にフォーカスしたWebマーケターという職種に興味を持ち、Web広告代理店に転職しました。

市川インタビュー2

ー会社の業績不振が、より上流でのWebマーケティングを目指す転機に

転職先のWeb広告代理店では、主にアフィリエイト案件を扱い、Google広告のリスティングからSNS広告やアプリ広告など、幅広い媒体を使って広告用のLPを回していました。特にこのLPの改善が好きでしたね。キービジュアルやコンテンツを入れ替えることで、成果が大きく変わってくるのが面白かったです。

再度転職を考えたのは、慢性的な会社の業績不振にコロナショックが重なったことで会社の将来性に不安を感じたのがきっかけでした。Webマーケティングの仕事は面白く、人間関係等もトラブルはなかったので残念ではありましたが、将来のキャリアを考える機会にもなりました。

次の転職先を考える上で軸にしたポイントは2つあります。

一つはWebマーケターという仕事を続けること。この仕事には楽しさややりがいを感じていましたし、もっとスキルを身につけることが出来れば自分の市場価値も高まるという実感もありました。

もう一つは、より上流でのWebマーケティングに携わること。広告代理店のWebマーケティングは、基本的に受注した案件に基づいて運用していきます。それが嫌というわけではありませんが、扱う案件や実施する施策などは広告主の都合で制限されることがあります。そこで、より上流の広告主としての立場で、自社の商品やサービスを扱う自由度の高いWebマーケティングに携わりたいと考えました。

この二つを軸に転職活動をしていた時、株式会社TAUPEからスカウトをもらいました。求人内容が二つの軸と合っていたこともあって退職から1ヶ月以内というスピードで転職を決めました。きっかけとしてはポジティブなものではなかったのですが、Webマーケターとしてのひとつの良い転機になったと思います。

ープレートは風通しが良く働きやすい環境

入社してちょうど2週間程度ですが、皆さん接しやすく風通しが良い印象ですね。

実は、最初はもっとバリバリと営業をかけられたりしている感じなのかな、と思っていました。前の職場では営業職の方がいなかったので、流石にそれよりは体育会系なのかな、と。(笑)
入社してみると、全体的に落ち着いている方が多い印象で、個人的に体育会系の雰囲気は苦手だったので、良い意味でギャップがありましたね。

今は上長から、代理店やASPとのやりとりを引き継いでいっています。最初の会社では営業をかける側だったのですが、今は営業を受ける側ということで立場が逆ということもあって面白いですね。また、前職では来た案件に対応するだけで社外の人とのやりとりはほぼなかったのですが、営業の方と話していると営業以外の話でも情報収集できて収穫も多いです。

市川インタビュー3

ーWebマーケティングの魅力は、小さな施策で大きなインパクトを与えられること

Webマーケターの仕事で一番好きなのは、LPO(ランディングページ最適化)です。具体的には、ヒートマップツールを使ってLPの到達率や平均滞在時間を分析して、細かい箇所を変えたりコンテンツの順番を入れ替えたりして、ABテストを行いつつ数字を改善していきます。

つい先日行った施策になるんですが、注意書きの部分を変えてみたら平均滞在時間を1分から4分まで伸ばすことができました。施策自体は本当に小さなものなのですが、その小さな施策で数字に大きなインパクトを与えられるというのがWebマーケティングの魅力ですね。

逆に難しい点としては、小売というビジネスモデルが初めてで、在庫をもったり物流関連の知識がないので、その部分はこれから学んでいかなければと考えています。また、BtoCの通販ということで、お客様の声を聞いて改善していくCRMが重要になるんですが、この部分はWebマーケティングの中でも数字だけでは判断できない定性的な部分で正解がないんですよね。この「ふわっ」とした課題をどうマーケティングに繋げていくか、具体的なタスクに落とし込むかというのは難しい部分です。

市川インタビュー4

ー会社に依存しない”力”をつける。自分の意思で将来の選択を

月末の全体会議で代表からもお話がありましたが、今後、年金だけでは生きていけない時代が来るというのは、私も強く感じているところです。その時代に対応するため、まずはWebマーケターとしてのスキルをしっかり身につけていきたいと思います。例えば、新商品が出た時には0から担当してみたいですね。これを経験すれば、自分で会社を起こしたり商品を開発したりといったキャリアの選択肢が広がると思います。

スキルや力が不十分だと会社にしがみつくしかなくなりますが、自分としてはその生き方は嫌だな、と。一人になっても問題ないくらいのスキルや力を身につけ、会社で働くのは選択肢のひとつ、と言えるようになりたいと考えています。

会社に依存せず自分の意思で生きていけるようになりたい。
この会社で働くことでそのための力をつけたいと考えています。

市川インタビュー1

RECRUIT

採用情報

Break Through Beyond Myself!

「志」を加速させろ

PLATEでは、まず自分自身がこのような人生を送りたいという強い意志を持った人が歓迎されます。
また、スタッフ同士のブレイクスルーも支援出来る人を求めています。

採用について