2015 10月


社内で問題が発生した時は

どんな優良と言われる企業でも、外から見てたら非常に仲良さそうな企業でも、はたまた企業ではない学校や幼稚園、

政党やサークル、スポーツチーム、もしくは家庭でも、人間が2人以上存在する組織、集団、チームでは必ず何かの問題、

課題、トラブルは発生します。

 

その原因の大多数は、上司、部下の関係、同僚の関係、クライアント-外注先、夫婦、監督と選手の関係など、

なんらかしらの人間関係の中で、期待と現実の差があることから問題が発生していると思われます。

 

 

問題が起こったことは問題ではありません。しかし、本当の問題は問題が起こった際に発生します。

 

 

ここで2つの「問題が起こった際の問題」を提議します。

 

 

問題①:そもそも問題が起こっていると思っていない。

 

これは、2つに分かれます。

 

1つめは、経験が不足しているだけで、問題を問題と認識できなかったということがあるかと思います。

この場合、経験すれば学習するので、今後問題は発生しなくなるという方向に向かうかと思います。

 

2つめは、問題が起こっても問題だと思っていないことにより、問題を発生し続ける人がいます。

問題であることを一方は問題ではないと捉え、一方は大問題と捉えた場合、その理由を擦り合わせることが重要です。

しかし、大抵の場合この議論を突き詰めていけば、お互いの常識が違うということに行き着くのが見えているので、

そのような常識が違う人とわざわざ一緒に仕事をする必要はありません。時間の無駄なので、できる限り避けましょう。

 

 

問題②:全て問題を発生させた人の責任にする。

 

期待者側の過剰な期待と、被期待者の能力不足であることがまずは原因であるということに目がいくと思います。

特に、能力不足で詰められるということは世間一般的に良くあることだろうと思います。

しかし、この能力不足だとして、その人に何故できない、何故理解できないと言ったところで無駄です。何も解決はしません。

無理なことは無理です。人間すぐには成長しません。

 

ですので、ここで大事なことは「その問題が起きないような仕組みを考える」ということです。

被期待者に対して改善の要求を出し続けて、改善したとしても人が変われば同じ問題が起きます。

そうならないように、その種類の問題が起きないような「問題が起きないような仕組みがないこと」を注目し、

その仕組みを一緒に作ることで、次の問題が起きないということになります。

 

もちろん問題は様々な問題の種類があるので一つの仕組みを作れば終わりかというとそうでもありません。

その都度、仕組みはできていくものです。複数の仕組みができた後は、その複数の仕組みを運用するのが大変なので、

時々仕組みと仕組みを融合させていきましょう。

 

もちろん逆に仕組みがないことが問題であるということだけに議論の焦点を当て、責任逃れをする人もたくさんいますが、

それはそれで逃げていることは周りの人間はすぐに察知するため、すぐに信用は無くなるでしょう。

自然と人は離れていくのも時間の問題かと思います。

 

 

問題は必ず起こります。

 

その際は、「人の成長50%:仕組みの構築50%」を対策と考え、人間関係と業務を改善していきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間当たり採算制の導入

京セラ、現在のKDDIの創業、そしてJALの再生を見事に成し遂げた稲盛和夫という経営者の最大の功績は、

「アメーバ経営」という日本独自の文化に沿った最適な経営手法を生み出したこととされています。

 

「アメーバ経営」とは

 

①会社の中の組織を小集団に分け、市場に直結した独立採算制を元に

②経営者意識をもったリーダーの育成と

③全員参加型経営の実現を目的とする仕組み

 

と定義されています。

 

この仕組みを入れることで、PLATEとしては

 

①においては、市場の変化に対して柔軟に対応することができ、またターゲットに対してより深いニーズに応えることができる

②においては、まさしくPLATEの理念である世界中の志を加速させるというミッションの中で、

 PLATEスタッフの志を加速させることができる

③各事業部のリーダーと同じ意識を持って判断、行動ができるスタッフの育成ができる

 

と考えており、積極的に導入をしている状況です。

 

しかし、このアメーバ経営の中には色々と仕組みはあるのだが、一番の素晴らしい点は「時間当たり採算制」ではないかと思います。

 

「時間当たり採算制」とは、独立採算制から出された各アメーバの利益を、

スタッフの総労働時間で割り、1時間当たりに生み出した利益を計算して評価するという仕組みです。

 

(売上ー外注費)/総労働時間=1時間当たりの採算

 

 

これの何が良い点か。

 

このブログを読んでいただいている人であれば誰もがご存知なことがと思いますが、

日本は先進国の中で生産性は19年連続最下位という状況です。

残業をすること、休日出勤をすること、が美徳とされた文化が未だに根強く日本に残っており、

長く働いている人が、頑張っているという評価が暗黙の了解の中で存在していることを感じます。

 

そしてそれを加速させるように、日本の法律上、残業代を支払う義務があり、

22時を超えると時給換算の1、2倍、休日勤務であれば、1.5倍の給与を支払わなければいけません。

もちろん支払いたくない、という法律に反した意見を述べているのではなく、

この仕組みこそが、ダラダラ残業すれば儲かるという事実を生み出しています。

 

これが日本の生産性が低い最大の原因ではないかと思っていました。

 

今回、「時間当たり採算制」を導入することで、短い時間で利益を生むことが評価の対象となるため、この制度を導入することで、

「残業しない方が儲かる」という仕組みを法律に反せず導入することができました。

 

これは、まさに会社の生産性を高めると同時に社員とその家族の健康と幸せを促進する制度だと思っています。

 

PLATEでは導入したのは2015年10月からなので、まだ結果は出ていないが、半年以内には、

間違いなく結果を出し、そのことを世間一般的に知らしめることにより、すべての日本企業がこの「時間当たり採算制」を導入し、

日本の生産性の向上に努めてもらいたいと心から願います。