株式会社プレートでは、クレドとは別に基礎の考え方をどのように持つべきかという五ノ精神というものがあります。

 

その中で「自省」という要素を5つの中の1つとしておりますが、

多くの大手企業の新卒研修でもこの「自省」「自責」することの大事さを、基本として教えていることを最近知ることが出来ました。

 

もちろん重要なのは分かってはいたのですが、弊社では新卒採用を本格的に今年から始めたので、新卒研修をどうしようかと考えていたところ、一般的な新卒研修のプログラムの中で、当たり前のように入っていたのに少し驚いてしまいました。

 

そう考えると自分も新卒で入社した東急エージェンシーで自己認識は無いものの、そのような教育を受けていたのかと改めて感謝をしております。

 

やはり新卒研修は非常に大事ですね。社会とは仕事とは、の基礎を覚える時期なので、ここで大きく考え方のベースが異なり、以後の成長スピードに大きく関わってくると思います。

 

自分でも「自省」「自責」がどれだけ重要か、ということを考えるにあたり、「自責」「自省」しなかった場合、どうなるかを考えてみました。

 

 

<1>

「目的」「目標」「意欲」「手段」「仮説」「挑戦」「結果」「差分」「失敗」「自責」「改善」

「工夫」「仲間」「継続」「成功」「成長」「報酬」「出会い」「貢献」「名誉」「記憶」「人徳」

「後継」「安全」「平和」

 

 

<2>

「目的」「目標」「意欲」「手段」「仮説」「挑戦」「結果」「差分」「失敗」「他責」「思い込み」

「慢心」「情報不足」「失敗」「反復」「保身」「虚偽」「欺瞞」「不信」「詐欺」「奪略」「拒否」

「制裁」「孤独」「絶滅」

 

 

 

ポイントはやはり「自省」「自責」のところで人生が変わりそうですね笑

 

極端ですが、こう考えるとしっかりと「自省」「自責」出来ているか自分の行動を振り返ってしまいます。